バレンタインデー、単なる高級チョコレートを買う日

誰もが意識する行事というものがあるが、中でもその価値が低下しているものは多いと思う。何事にもそれらの行事が増えているといった事があるし、そういうものに反応しなくなった時代でもあるとは思う。
2月の行事であるバレンタインもその一種かなと感じるようになって久しい。最初は、やたら男子にハードルの高い行事であり一種の変なステータスでもあった。
最初の目的である(というか利用されたのだが)女性が好きな男性に告白するための道具とされたこの行事が、いつのまにか義理とお返しとかいろいろな負の部分が目立つようになる。義理チョコって言葉が、女性の負担を増やしそれを嫌がって友チョコとかホワイトデーで何をお返ししたらダメだとかエスカレートして今やなんだかわからない行事になっているんだよね。
もはや、自分のためにバレンタインチョコを買うという女性が増えてきたというニュース等は、それって単なる高級チョコレートを買う日?ってかんじかな。脱毛ラボ シェービング