肺炎の原因・肺炎の予防・肺炎は誰もがなりうる・比較的ありふれた病気のひとつです。

日本人の死亡原因の第三位にあがることからも分かるように、 高齢者や免疫力の落ちた人にとっては致命的になる病気でもあります。
肺炎でどの程度の症状を呈するかは、原因となる病原微生物の強さと感染者の抵抗力のバランスで決まります。肺炎の死亡率は75歳を過ぎると急激に高くなります。
肺炎は原因となる病原微生物の種類によって大きく三つに分類されます。細菌による細菌性肺炎と、ウィルスによるウィルス性肺炎、そしてマイコプラズマなどに代表される非型肺炎です。どのタイプの肺炎にかかっているかで治療に用いられる抗生物質の種類が異なります。
細菌性肺炎の場合、菌の培養でどの抗菌薬が効くか分かりますが、時間がかかります。そのため、国のガイドラインに沿って、菌を特定せず、二種類以上の抗菌薬を用いて治療を開始します。肺炎の症状は激しい咳や痰、発熱などがあります。高齢者ではこの症状がはっきりと出ないこともあります。中には、肺炎に感染しても食欲不振や胸痛だけを訴え高齢者もいます。高齢者に多い肺炎の原因に肺炎球菌があります。平成26年10月から65歳以上の高齢者を対象に肺炎球菌ワクチンが定期接種となりました。ワクチンを接種しても感染をなくすことはできませんが、重症化を防ぐことはでるようになります。日常的にできる予防としては、手洗い、うがいはもちろんのこと、口腔内を清潔に保つための歯磨も重要です。また、規則正しい生活を心がけ、免疫力を高める努力を行うことも大切です。肺炎は風邪とよく似た症状を呈することから、見分けが付きにくい病気のひとつです。 発熱や咳、たんなどの状態を見ただけでは素人には判することはできません。一般的な風邪の場合、三日ほどで熱も引き、快方に向かっていきます。四日を過ぎても症状が一向に良くならないようであれば、
肺炎を疑い、一度、医療機関を受診した方が良いでしょう。カード ローン 金利 低い