2018年サッカーワールドカップの事について(その2)

2018年サッカーワールドカップの事について書きたいと思います。日本が仮に決勝トーナメント進出する事ができる場合は、2010年ワールドカップと同じような構想だと思います。当時は相性が良かったカメルーンに勝ち、オランダには惜敗し、デンマークには事前の情報戦で対戦相手のチーム構造を知り尽くし、勝利に成功しました。優勝候補であるオランダには負けましたが、失点を最小限度に抑えて2位通過を狙っていました。カメルーンとデンマークは、日本と同じく中堅のチームであり、日本はまさに、その中堅チームとの戦いを制したのです。つまり、優勝候補のチームには負けるが、中堅チームとの戦いを制すれば2位通過が実るというものでした。しかし、第2ポットにも優勝候補のチームは存在するので、もし第1ポットと第2ポットで優勝候補のチームが2つ同じ組に入った場合は、ほぼ日本が決勝トーナメントに進出できる確率は0%と考えた方がいいでしょう。脱毛 24箇所