やりたいことが終わってきて、面倒くさい一方。

何かあるとかが、大人になってややこしくなってきて、誰かが誰かや何かのために、相当考えたりしながら何かをやってあげているのが社会に入ってからは分かるようになりました。入っても、自分にはそれ自体がどうかとかはさて置いたとしても、大人になってから見る物が人のためだったりしているのは分かります。何かあったりしたから、頼るのは社会で、例えば車に乗り始めたから、安全のために交通安全の祈願をするとかを思いついてお寺に行ったりして祈願をしたり、ずっとそれの面倒は自分で責任を持つわけですよ。誰に行けって言われたわけでもないけれど、自分で車を運転するなら交通安全の祈願をした方が安心だなと思ったからそうしているし、だからと言ってお坊さんになるわけではないとかそういうことくらいは分かるわけですよ。交通安全の祈願をひたすら何年かして、流石にお寺にお世話になりすぎで、生活も窮屈を覚えたりしてなぜか悩みますが、祭事などの地域に密着したような事にひたすら目を向くわけですし、それは類似したことにすら目が向いているということと一緒なんです。キャッシング 至急