バレンタインデー、単なる高級チョコレートを買う日

誰もが意識する行事というものがあるが、中でもその価値が低下しているものは多いと思う。何事にもそれらの行事が増えているといった事があるし、そういうものに反応しなくなった時代でもあるとは思う。
2月の行事であるバレンタインもその一種かなと感じるようになって久しい。最初は、やたら男子にハードルの高い行事であり一種の変なステータスでもあった。
最初の目的である(というか利用されたのだが)女性が好きな男性に告白するための道具とされたこの行事が、いつのまにか義理とお返しとかいろいろな負の部分が目立つようになる。義理チョコって言葉が、女性の負担を増やしそれを嫌がって友チョコとかホワイトデーで何をお返ししたらダメだとかエスカレートして今やなんだかわからない行事になっているんだよね。
もはや、自分のためにバレンタインチョコを買うという女性が増えてきたというニュース等は、それって単なる高級チョコレートを買う日?ってかんじかな。脱毛ラボ シェービング

2018年サッカーワールドカップの事について(その2)

2018年サッカーワールドカップの事について書きたいと思います。日本が仮に決勝トーナメント進出する事ができる場合は、2010年ワールドカップと同じような構想だと思います。当時は相性が良かったカメルーンに勝ち、オランダには惜敗し、デンマークには事前の情報戦で対戦相手のチーム構造を知り尽くし、勝利に成功しました。優勝候補であるオランダには負けましたが、失点を最小限度に抑えて2位通過を狙っていました。カメルーンとデンマークは、日本と同じく中堅のチームであり、日本はまさに、その中堅チームとの戦いを制したのです。つまり、優勝候補のチームには負けるが、中堅チームとの戦いを制すれば2位通過が実るというものでした。しかし、第2ポットにも優勝候補のチームは存在するので、もし第1ポットと第2ポットで優勝候補のチームが2つ同じ組に入った場合は、ほぼ日本が決勝トーナメントに進出できる確率は0%と考えた方がいいでしょう。脱毛 24箇所