それめちゃくちゃ知りたいです、最強の情報発信術

またフェイスブックの記事で気になる本を見つけてしまいました。今自分のやりたいことで活動していきたいので、起業系の本って興味あるんですよね。本のタイトルが「好きとネットを接続すると、あなたにお金が降ってくる」です。帯に「誰だって好きなことを仕事に出来る」とあり、つい写メをしてしまいました。本って興味を持ってさて買おうとなったらうろ覚えになっていて探すのに苦労しちゃうので、最近は必ずネットで見たり新聞で気になったりしたら写メをするようにしています。欲しくなくなったら消せばいいだけですし、買いたければお店の方にそのまま見せれば検索してもらえるので便利です。タイトルがきっちり分かっていたら最強ですよね。お店側も今はネットで検索したりするくらいですから、きちんと単語を揃えてあげるといくらでも協力してくれます。情報発信するのが大切だと分かっていても自分が考えて行動してることって誰もがしていることに過ぎないですし、少しは繋がりも増えて来ましたがまだ弱いなぁと思ってたので今度読んでみようかと思っています。どんなノウハウが載っているのかな、本ってドキドキしますね。ミュゼ 背中

バレンタインデー、単なる高級チョコレートを買う日

誰もが意識する行事というものがあるが、中でもその価値が低下しているものは多いと思う。何事にもそれらの行事が増えているといった事があるし、そういうものに反応しなくなった時代でもあるとは思う。
2月の行事であるバレンタインもその一種かなと感じるようになって久しい。最初は、やたら男子にハードルの高い行事であり一種の変なステータスでもあった。
最初の目的である(というか利用されたのだが)女性が好きな男性に告白するための道具とされたこの行事が、いつのまにか義理とお返しとかいろいろな負の部分が目立つようになる。義理チョコって言葉が、女性の負担を増やしそれを嫌がって友チョコとかホワイトデーで何をお返ししたらダメだとかエスカレートして今やなんだかわからない行事になっているんだよね。
もはや、自分のためにバレンタインチョコを買うという女性が増えてきたというニュース等は、それって単なる高級チョコレートを買う日?ってかんじかな。脱毛ラボ シェービング

2018年サッカーワールドカップの事について(その2)

2018年サッカーワールドカップの事について書きたいと思います。日本が仮に決勝トーナメント進出する事ができる場合は、2010年ワールドカップと同じような構想だと思います。当時は相性が良かったカメルーンに勝ち、オランダには惜敗し、デンマークには事前の情報戦で対戦相手のチーム構造を知り尽くし、勝利に成功しました。優勝候補であるオランダには負けましたが、失点を最小限度に抑えて2位通過を狙っていました。カメルーンとデンマークは、日本と同じく中堅のチームであり、日本はまさに、その中堅チームとの戦いを制したのです。つまり、優勝候補のチームには負けるが、中堅チームとの戦いを制すれば2位通過が実るというものでした。しかし、第2ポットにも優勝候補のチームは存在するので、もし第1ポットと第2ポットで優勝候補のチームが2つ同じ組に入った場合は、ほぼ日本が決勝トーナメントに進出できる確率は0%と考えた方がいいでしょう。脱毛 24箇所

やりたいことが終わってきて、面倒くさい一方。

何かあるとかが、大人になってややこしくなってきて、誰かが誰かや何かのために、相当考えたりしながら何かをやってあげているのが社会に入ってからは分かるようになりました。入っても、自分にはそれ自体がどうかとかはさて置いたとしても、大人になってから見る物が人のためだったりしているのは分かります。何かあったりしたから、頼るのは社会で、例えば車に乗り始めたから、安全のために交通安全の祈願をするとかを思いついてお寺に行ったりして祈願をしたり、ずっとそれの面倒は自分で責任を持つわけですよ。誰に行けって言われたわけでもないけれど、自分で車を運転するなら交通安全の祈願をした方が安心だなと思ったからそうしているし、だからと言ってお坊さんになるわけではないとかそういうことくらいは分かるわけですよ。交通安全の祈願をひたすら何年かして、流石にお寺にお世話になりすぎで、生活も窮屈を覚えたりしてなぜか悩みますが、祭事などの地域に密着したような事にひたすら目を向くわけですし、それは類似したことにすら目が向いているということと一緒なんです。キャッシング 至急

ここ数ヵ月は何も自身が持てなくて辛かったです

私はここ数ヵ月自信を持つ事が困難でした。何があったかと言う訳ではないのですが自分が気にしている事が悪い方向に見えてしまって本当に辛くなってしまったという事だけは自分で分かっていました。その内段々体が動かなくなってしまって凄く体が怠くなってしまって何も出来ない日が数週間続きました。当たり前に出来ていた家事も外出も全部したくなくなってしまって本当に辛くなってこれはうつ病なんじゃないかと思う位でした。医者にかかったら精神が過敏な状態になっていると薬を処方されました。今も薬を飲み続けています。薬を飲んで今は安静にしてやれる事をやってゆっくり時間をかけていきましょうというのが自分にとっては苦痛でした。自分の性格上すぐにというのを求めてしまうのがいけない所なんだなと思いました。気を張って色々やって来ただけでそんなにやりたい事では無かったのかなと思いました。それからはもうこれはしょうがないと諦めて色んな物事を自分で客観的に大分見られるようになったなと思います。子供 アイトレーニング

私の家族は本当に仲良しで、休みの日は必ずみんなでお出かけ

物心付いた頃から休みの日は家族みんなで出掛けるのが日課になっていました。三連休等の日は旅行に行ったり、2日ぐらい使って遠出したりと何故か仲良しです。たまに体調を崩したり、天候が良くなかったりする事がある時は家でみんなで過ごしますが、大きなリビングでみんな集まりテレビゲームをしたり、ボードゲームをしたり必ず一緒にいます。理由は分かりませんが、自然と休みの日には集まっています。
周りの友達の話を聞くと一緒にいるなんてないって良く言われるんですが、昔からこれが当たり前だった私達にとってはそう言われるのが不思議で仕方ないです。
旅行に行く時も家族順番で車の運転をしたり、罰ゲームでパーキングエリアで買出しに行ったり、たまに疲れて寝てしまう家族もいますが、基本的にずっとみんなで話してます。何故か話題は尽きません。家族だから沈黙も気まずく無いし小さな話題でも盛り上がるので本当に楽しいです。
反抗期はみんなありましたが、多分親がとてもいい育て方をしてくれてるお陰で私達も親を大切に出来ていますし、こんな環境で育ててくれた親には今でも頭が上がりません。
みんなも1日だけでも家族と出掛ける日を作ると凄く新鮮な思い出になると思うので本当におすすめです。借金返済 電話相談

好きなことを仕事にするのはとてもいい事です。

私の本業の会社では若い後輩が転職の為に今月末に急遽辞めることになりました。
そこで当初はなかなか転職先がどんな仕事なのか教えてくれなかったのですがさりげなく次の職場の休みの話をしたらファッション関係だとこっそり教えてくれました。
後輩は今の会社に来る前はファッション関係にいて事務をやってみたいと言うことでファッション関係を辞めて当社に来たのですがやはりファッションが好きで戻りたいと思ったそうです。
確かに当社は食品を扱っているから爪は伸ばせないし、ネイルも出来ないし、髪飾りも細かい飾りが付いたものは出来ないし、指輪も石が入った物はしない等々おしゃれとは程遠いのでおしゃれを楽しみたい若い後輩にはかなり窮屈だったのかも知れません。
後輩はルックスにもとても恵まれているし、愛想もいいので前から事務じゃなくて表に出る仕事がいいのになぁと思っていたのです。
しかも私が行くような服屋さんらしいので会うかもしれないねと話をしていました。キャッシング 夜間

普段離れて暮らしている娘達や孫達とは、お正月には会える喜びが強くあります。

みかんが多く出回る時期となりました。
愛媛県は生産も多いと言う事から、みかんを食べる機会も多いものです。

秋の運動会頃に、まだ黄色く色づいていないみかんも私は好きです。

せとかと言う品種も、美味しくてお安いものを選び今までに多く食べております。
父が生きていた頃には、父はネーブルを高級品のみかんと感じていたのだと思います。父のネーブルを好むお顔を思い出すのです。

みかんの皮の白い内側の部分は、栄養もあると知り意識して食べております。

昨年娘がお嫁に行った先には、お歳暮として紅マドンナを送りました。
うまくお姑さんは、棚に飾っておく等とまでおっしゃいました。

今年はお歳暮として、違いものを送ろうかと思います。
愛媛のうどん等は、今までにも好まれている様です。

血圧や血管に支障をきたしたから人ですから、そばも好んで食べているようです。
私が遠くの娘宅に行った際には、そのお姑さんは外食に誘って下さるのですがよくそばを注文していらっしゃいます。

お互いの孫となる子供達も、成長が日に日には目立たないものです。
でも赤ちゃんの頃から、孫の事を知っている私達祖父母には大きな成長を感じるものです。

遠くに娘達二人がいる事もあり、お正月やお盆にはとてもみんなが会う事が嬉しいのです。
孫が大きくなったことで、娘が帰省しても家にまた帰る時等も、子供をお婆ちゃんとなる私に任せて帰る事もします。

その理由として、四国の松山市が好きと言う意味もあるのだそうです。

結局人は利己的な人ばかりだと最近感じてしまう

どれだけ協力して何か大きな事を成功させようとしても、まずは自分にどんなリターンがあるのか?という質問をぶつけてくる人が多い気がします。口に出さないにしても心のどこかでそう思っている人もなんだかんだでいると思います。やはり人はどんな事があっても自分が可愛いのだと思います。確かにどんないい事をしたとしても、誰からも認められずに、誰からもお礼もされずに、いい事を続けるのはとても難しいと思います。むしろ自分ならできないと思います。ただ現代ではそれが表立って出てしまいすぎな感じがします。昔は表面上でもいいよいいよと言いながらやってくれたような事も現在では嫌なら逃げるなど、嫌と思ったり感じた事には我慢を少しもしずに逃げだす人が多いと感じます。これもやはり自分が一番可愛いのだと思います。こんなドライな世界だからこそ、今後は自己犠牲を表面的に誰からも認めてもらえるような人がどんどんと必要とされていくのではないのかな?と感じます。

告白されて返答に困っている。どうしたらいいの?

先週の日曜日のこと、友達だと思ってた男友達から告白されてしまいました。
彼とは、毎週末ごとにご飯にいっていて、泊まったことこそないものの何時間一緒にいても大丈夫なくらい仲のいい相手なのです。
その男友達から最近告白され、返答に困っています。
私はしばらく彼氏がいませんが、その友達のことは全く男性として見ることができません。
本当に彼とは、キスとか考えただけでも無理なんです。
でも私にとって、今までこんなに一緒にいて居心地のいい異性の友達ができたことがないし、これから先も現れない気がします。
ただ付き合う以上、いちゃつく機会もあると思うし、そういうことができない相手と付き合うのは難しいと思います。
彼はまさしくその典型です。
恋愛とはなんなのか分からなくなる事件でした。
彼には申し訳ないけど、お断りしようかな、なんて考えています。
あぁ、けど、もしお断りしたら、彼みたいな人はもう現れない、けど、いちゃつくのは無理・・・ジレンマだわ!